2015/02/17

恒例の草餅作り



この頃

「ラッスンゴレライ・ラッスンゴレライ」  「ラッスンゴレライってなんですの?」が

頭から離れないかあちゃんです

オリラジが真似してる「チョットマッテ・チョットマッテお兄さん」にもすっかり嵌まってます




さてさて
ご近所のお姉さま達と毎年4月にしている草餅作り

今年はリーダーが4月に都合が悪く止めようって事だったんですが

2カ月早くても小さく芽吹いてるヨモギを見つけたとのことで急遽集まる事になりました


ヨモギ 


たっぷり過ぎて凄い色になりました


入れすぎ 


「餡玉」もたっぷり


餡 


おじちゃん、おばちゃん勢揃い(他2名います)


叱られる 


叱られた


もうね、皆さんベテラン揃いなので手際のよい事・・・感心してパチリ


丸める


もっと感心したのは

つきたての熱いお餅を千切るのに、餡子の数とぴっったり同数に千切ってくれました

大きさは手が覚えているのですかね(凄いわ


「毎年草餅作りたいから長生きしてね~」とお願いしました


出来たのは去年の半分量、ですがこんなにたくさん出来ました


出来上がり 

(真ん中ののし餅は後でついた物です)


最後の一臼は


おもち 


いただきました


食べる 


家で待機してたお父ちゃん達も呼んで餅食べ大会しました

普段2人暮らしの人ばかりなので大勢で食べるのは本当に美味しいです

楽しい1日でした



柔らかい出来たても美味しいですが


出来立て 


次の日に少し硬くなったのを焼いたのも美味しい


焼いたの 


食べ過ぎ

餅って太るよね
よろしければポチっとお願いします
 にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

古くからご近所づきあいしていると
こういう集まりも欠かせないわね。
出来立て美味しいよね。
1日だけのご近所さんになりたいなあ。

maririnhahaさん

旅行とか忘年会・ビアガーデン・食事会と
年がら年中集まってます
嫁に来てからの付き合いのご近所さん達
皆さんもお年を取られました(私含)

1日だけのご近所さんに参加して下さいな
ご馳走食べ放題
hahaさん1番下ですからね使いっ走り担当ですよ
口は1番偉そうに言っても許されます(汗)





No title

毎年、うらやましいと見入っています
御近所さんとの意気投合も、草もちも。。

先日、知人宅から「草もち」を作ったと、ハンウスいただきました。
「もうよもぎを摘まれましたか」と伺ったら、ヨモギ粉を使いましたと言われます
香りもなにもしませんでした。
もらっておいてナニですが。。(笑)

のんきさん

今や恒例行事になってます
皆さん口も手も動く動くとっても楽しい行事です
若輩者の私は間に合わないので洗い物と味見専門です(笑)

今年のヨモギは冷凍のと摘んだのと半々でした
積んだ人曰く「まだ早い時期のヨモギは色は綺麗だが香りが少ない
もう少しお日様の恩恵を受けたのじゃないと駄目だった」そうです。
ヨモギも奥が深いです。

貰ってしっかり食べても言いたい事は行って下さい
ここだけの話にしときましょう(笑・笑)

とっても美味しそうです

げん母ちゃんさん、初めまして。

足跡からジャンプしてきました。
今日は大好物の草餅に初めてのコメントさせていただきます。
実は亡くなった母が春になるとよく作って食べさせてくれたのですが、作り方を教わることもなく今日になってしまい勿体ないことをしてしまったと後悔していたのです。
ヨモギの扱い方が全く分からないので、もし宜しければ教えていただけませんか?
母もヨモギを摘んできて、何か茹でていたように記憶しているのですが・・・。

やっぱり母のヨモギ餅もヨモギ多めで、その味が忘れられません(*^-^*)

TS1_608さん

TS1_608さん初めまして、ようこそです。
何時も読み逃げばかりでごめんなさいね

ただ楽しいだけで毎年している草餅作りにコメありがとうございます
私も子供のころに母が良く作ってくれました
あの頃は臼と杵でついてましたが今は「もちっこ」ですね
私も見てただけで全く分からなかったのですが、近所の
お姉さま達とやるうちに教えてもらいました

ヨモギですが
河原があればそこで採れたのが1番良いそうです
先の柔らかい所だけ摘んで、汚い葉などを落として
綺麗にお掃除して茹でます
茹でる時に重層少々入れると色が良く出来ます
水にさらして絞ってから細かく切ります
もち米1升に対して刻んだヨモギ(普通は50g程ですが

100~150g入れると緑が濃いヨモギ餅が出来ますよ
好みでお塩も10~20g程を味を見ながら入れると美味しいです

凄くアバウトな説明ですみません
私は洗い物と食べるのが専門なので。。。

ありがとうございます

げんかあちゃん様、早速のお返事感謝いたします。

あの濃い綺麗な色を出すために重層を入れて茹でるのですね。
茹でて水にさらし絞ったら、その後直ぐにお餅をついてもいいのかしら?
母の草餅も少々塩っけがきいて、あんこもたっぷりな手のひらからあふれ出るほど大きなお餅でした。
私はあんこに塩が多めにはいっていたのかと思ってましたが
ヨモギのお餅そのものに入っていたのですね。

私、ヨモギ摘みってしたことないのですが、春になったら綺麗と思われるところで摘んできて草餅にトライしてみようと思います。

げんかあちゃん様、ありがとうございました。

上手にできたらご報告しにきます~。

再度 TS1_608さん

追記です

「ヨモギ摘み名人」と呼んでるお姉さまに詳しく聞いて来ました

河原のヨモギが良いのは土に水分が多いので香りがとってもいいそうです
3~4月の暖かくなって太陽の恩恵をたっぷり受けたヨモギを摘んで下さいね

茹でる時は…沸騰した中にほんの1つまみの重層を入れます
入れ過ぎると、お餅が早く硬くなるそうです
私達は前日に茹でて切って絞ってラップに包んで
冷蔵庫に入れて次の日使っています(余ったら冷凍保存)

蒸す時はヨモギをもち米の上に乗せます
つきはじめたらヨモギを杓文字でもち米の中に何度も押しこむようにすると
繊維が綺麗にもち米と混ざります
草餅の塩は15gくらい入れても大丈夫ですよ~

餡は市販を使っています


毎年作る度に母の事や子供の頃の事を思い出して食べています

TS1_608さんもお母さまの思い出の味の大きくてたっぷり餡子の入った草餅が出来ますように。。。


追記ありがとうございます

重層は一つまみ、了解です。
冷凍保存できる、便利で使い勝手もいいのですね。

こちらはまだ雪がある、所は札幌なんです。
雪が融けたら柔らかいヨモギを求めて散策に出かけてみることにします。

食べ物って不思議ですね。
その時の幸せ感が蘇ってくるの、とっても不思議。

ミニィーちゃん、モコちゃん、超かわいいです(笑)
実は我が家にもワンコがいます。
ワンコのブログもしているのでお見せできないのが残念です。

じゃまた、お邪魔しますね~。